外国為替取引、言葉の意味

外国旅行をする時、目的国の通貨が必要になります。
必要な金額を、ドル、ユーロ、ウォンなどにしたことがある人も多いと思います。
このとき日本円を、

交換? 「ドルと交換した」と言いましたか。
売買? 「ドルを買った」と言いましたか。
両替? それとも「両替した」でしたか。

その前に、「外国為替」があるなら「国内為替」もある?
日本には、すでに江戸時代、為替システムによる優れた代金決済方法が利用されていました。
為替とは、遠隔地間(例えば大阪と江戸)で、現金を介在させないで、債権債務を決済させる仕組のことをいいます。
買主が手形を発行して、売主が銀行に対し手形取立を行うなどです。
決済は国内で完結しているので、「内国」為替といいます。
また、一般には内国を省略して、為替といいます。

外国為替
これが国内間でなく、国際間の資金決済となったものが外国為替です。
こちらは「外国」は省略しません。
英語では、Foreign Exchange ですので、FXとかForexと省略されて呼ばれることも多いです。

外国為替取引の2つの意味

1、資金決済
本来の意味の外国為替取引です。
内国為替のシステムが、通貨の異なる国同士で実行される場合です。

2、通貨交換
外国為替という時のもう一つの意味です。
通貨の異なる2国間で、その通貨を交換することを外国為替取引といいます。

日本円を外国通貨、例えば米ドル、ユーロ、ウォンなどに交換する時に使われます。
一般に、投資目的で使われる時の外国為替取引とかFX取引という時は、この意味なのです。

外国為替相場
外貨と交換する際の、交換比率が外国為替相場です。

では、冒頭に戻って、「外貨にした時、なんと言いましたか」

A・円と外貨を交換する、という言い方
日本円を、現在時点の為替レートで、例えば米ドルに替えると言います。
これは上で述べた2番目の使い方ですから、外国為替取引のもう一つの本来の意味といえます。

B・円で外貨を買う、という言い方
貨幣経済の歴史上、「物々交換」を経て現在は、「お金を介在させた物々交換」
つまり「お金で物を買う」ことが一般になっていますから、銀行間取引の実際では、「交換」ではなく「売買」が使われています。
「円をドルと交換する」ではなく、「円でドルを買う」です。
日常生活に則しているし、何よりも取引上間違いが少ないからです。
そこで、外国為替取引の世界では、米ドルを117.50円で買ったとか、118.50円で売った、とか言われるのです。

C・円とドルを両替した、という言い方
特定の貨幣を他の種類の貨幣に、同価値で交換する時、両替といいます。
1万円札を、1,000円札10枚に交換する時、両替ですね。
同じように、1万円を、その時点の為替レートで、米ドルに交換する時、両替といえます。

米ドルを買うときも、同等の価値での交換ですから、両替といえます。

このように見てくると、いろいろなメディアで、いろいろな使い方がされていても、意味がわからないということはなくなったのではないかと思います。

これから、このサイトで外国為替取引という時は、銀行間取引の実際に合わせ、「売り」「買い」を使います。
これは日本円と他国通貨、あるいは異国通貨同士の交換を指していると理解してお読みください。


※記事に関する問い合わせは、下記までお願いします。
<http://www.intect-i.jp/contents/contact.html>